ミシンのレストア

レストア Restoration

レストアの紹介に入ります前に先代の言葉をご紹介
私がミシンの仕事をはじめる前に部品の説明より
どんな汚いミシンもどんなミシンもまずは、部品の確保

そして修理について、どんなミシンも直せますと
毎日これが、勉強と修行そしてお客様第一
家庭用・職業用・工業用ミシン三本柱
この分野のミシンの修理をすべて扱う

将来どんな貧しくなった時でも万が一お客様に
ご迷惑をかけ、悪事を働くような事にでもなったら
玄海灘に身を投げろと

そして先代は私を決して認めない
おまえは、日本一うでの悪い修理人
だからもっと努力をしなければ笑われる。

数万点の昔の部品は確保してある
しかし、欠点も隠せません。ありすぎて、見つからない
それでも先代の部品が今はとても役に立ちます。

物置に眠っていたテーブル レストアテーブルとの比較
丁寧に擦り抜く 塗り始める
塗装中 右レストア脚 左拭いただけ
組み上げ完了 アンティーク調の仕上げ
 
ジャノメの頭部
錆びたねじ類 磨き込んだ部品

木のテーブルの裏 虫の巣 洗いぬく
蛾と蜘蛛の棲家です。 すべて綺麗にレストア
部品の分解と磨き 組み上げの綺麗さ

上の写真は2台同じ足踏みミシンが出ました。
程度は同じくらいで、酷い状態です。
それをレストアする事によって最高の状態に致します。
一台はカントリー調に仕上げた足踏みの台です。
もう一台は古色塗りのアンティーク調の仕上げです。

アンティークミシンの価値を求めるのでしたら
当ホームページに出ています。
このページは実用ミシンを求めてくださる方のページです。
当店の販売致します足踏みミシンの修復過程を説明しています。

レストアにはかなりの時間が、かかります。

ご希望に添えない事もございます。
例えば1−2万円でレストア商品を希望と
商品はその価格でもございますが、縫えますが、
不具合もあります。その点はご了承ください。

手間暇かけて仕上げたミシンは時には売るのが惜しくなり
又コレクションに追加して飾る事となるのが最近多いです。

1860s レストア前 1860s レストア後

上の1860年代のNew Englandミシンです。
元は全く動かず、墨のようでした。
レストア後は軽く流れるような手回しになりました。
もちろん素晴らしい縫い目も復元できました。

ギア周り
錆と緑青と埃と油カス
ミシン レストア前
ドイツ環
小判マーク
取り外して保管中

ドイツ環のレストア
埃と油粕で固まってしまったミシン
逆に埋もれたマンモスと同じで保存状態◎
これを苦労して丁寧に分解した後
組み立てれば完成
もちろん組み立てても縫えなくては×
縫い試験も完璧になったマスザワミシンの
ミシンのレストアです。


外観だけを磨いてレストアという輩もいますが
肝心なのは見えない所にも手を入れて完璧な
レストアをする事が大切です。
セーターの縫製が盛んだったわが町
この環縫いは数千台毎日運ばれて長年
修理とレストアをしてきたのでアンティーク
ミシンのレストアには自信を持っています。

上の画像でレストア前に付いていた
小判マークは取り外しました。
この小判マークがあった為に元の薔薇の絵が
綺麗に残っていました。
このミシンの小判マークは別に保管してあり
もう数百持っています。コレクションとして

木テーブル分解 引き出しレストア
木テーブル内
針金にて部品作り
木テーブル 油受け
分解レストア中
ヘッド部品
レストア中
木テーブル
分解レストア
木テーブル
レストア塗装中
木テーブル
着色レストア中

ダイヤル
分解レストア

手前引き出しの
見えない所はこんな感じです。
手前テーブルのジョイント部
錆びて朽ちそうです。

錆でギシギシと
鈍い音を立てながら

引き出し裏に隠れた
蛾と虫の巣がある。
見えない所を好む
蛾の蛹 不潔
引き出しがその周りを
囲うので見えないのだ
成長しこれから
孵化する蛾のさなぎ

上の画像で見るように
単なる修理とかインチキなレストアでは
この様に不潔な足踏みミシンそのまま

手前引き出し受け
隠れた場所はこれです。
見えない所は虫の楽園
分解レストアは清潔の第一歩
脚卓の奥
分解すると蛾とダニ等
不潔な状態
取り外したのは
こびり付いた白い蛾の蛹
足元でいると不潔です。

外観のみ綺麗な足踏みミシンも
こんな隠れたところがこれでは
家に入れて使う気になりません
レストアは見えない所こそ真髄

シンガーミシン
糸巻き装置
糸巻き装置
錆びで動かず
糸巻き装置
レストア前
糸巻き装置
分解 レストア前
部品をレストア中 部品を磨いている途中
糸巻き装置のレストア

ミシンと共に60年 マスザワミシン

メニューに戻る