足踏みミシン
昔は,どこの家庭にもありましたが,今現在は、
珍しい存在となってしまいました。
いつも、お母さんがカタカタとミシンを縫っている姿も,
今は,懐かしい思い出でしかないのかもしれません。

私のお店では,足踏みミシンが,好きで、足踏みミシンで
ないと、縫い物ができないという、頑固な職人さん又は,
おかあさんを応援しています。そして、そのようなミシンを
当店では,ご用意して販売しています。ご連絡下さい。

私のお店では,いつも、母のかたみのミシンをレストアを
してくださいと依頼されています。

修理レストアのあとで、泣きながら喜んで頂いています。
こんな時ミシン屋をやっていて良かったとつくづく思います。
注意 泣かなければ修理をして頂けないのでしょうかと問い合わせがありましたが
笑っても怒ってもお客様の思うままに 誤解のない様にお願いします。


足踏みミシン・アンティークミシンの修理・修復

マスザワミシン



アンティーク 足踏みミシン
販売もしています
アンティーク足踏みミシン
修理・レストア承ります


 群馬県邑楽郡大泉町城之内1−5−1
   マスザワミシン
  TEL 0276−62−2565

fwnx0761@mb.infoweb.ne.jp

大正7年シンガーミシン 捨てられていました。
埃と泥を拭きましたが 錆びでぜんぜん動かない
分解レストアして ミシンも綺麗に修復
レストアにより 完全に生まれ変わった

これがマスザワミシンの自慢するレストアです。
ここまで錆びて汚くなると大概捨ててしまいます。
最初はこのミシンなんだろうと思うほど白く汚れ
埃をふき取ったらシンガーの珍しいミシンでした。
レストアする前にも,ふき取ったのですが,
最初はもっと汚く、それが今回の写真です。
単なる修理と,レストアはまったく違います。

これからこのミシンの頭は,シンガーの網足と、
一緒に組み込まれ過酷な縫い試験が待っています。

この写真は,大阪心斎橋そごうのウィンドウディスプレイ
に貸し出してあった時のシンガーミシンです。5年前です。

ホームページメニューに戻る




下の新聞は足踏みミシンの大切さを説き
ミシンには油が大切と書いた貴重な文章です。
けふから実行は泣かせます。
昭和11年の新聞より






2004年10月28日 更新

アンティークミシンコレクション
足踏みミシン 追加

上のSEIKOSHAというメーカーの足踏みミシンは私の父から当時買ったと言う
お客様から買い取ったものです。当時の足踏みミシンは職人が丁寧にすり
合せて組み上げた品その足踏みミシンを分解して組み上げ直しました。
このミシンは日本製ですが、見るととてもアメリカ的な感じが致します。

シンガーの足踏みミシンですがこれもかなり古いものですし、レストア済み
縫うと軽やかに動いて縫うのがとても楽しくなります。
コレクターとは変っている人。同様のが数台予備として持っている。

変り種の足踏みミシンですが、縫えるようになっています。分解レストア済み
先日このミシンを高値で買ってやるとメールと電話が来て聞いてみると
トータル2万円でと言うので断わった。断わったら3万円まで精一杯出そう
と再度言われたが、3万円では送料にもならず、梱包代金で終わる値段
いや足りないかもしれない!!!
話は元に戻して、見たことも無い未知の足踏みミシンをレストアしていると
分解時は心臓がドキドキとしてとても心地よい!!! 止まりそうな時もある。

足踏みミシン脚
レストア中
足踏みミシン脚

足踏みミシン脚
レストア中

シンガー足踏みミシン
彫刻テーブル
シンガーミシンの
豪華な彫刻キャビネット

シンガー足踏みミシン
豪華な彫刻テーブル
レストア中

シンガー足踏みミシン
1990年代
ヘッドはビクトリア女王
レストア中